• 営業戦略

効率的な商談の進め方のTips集|営業戦略立案ガイド

営業戦略をまとめて学ぶならこちら▶

営業を科学する
5分でわかる「ユーソナー」

商談のサイクルを高速化し、効率的な営業活動を行うためのTips

顧客のニーズを理解し、適切な提案をすることで、効率的な営業を進めることができます。

顧客のニーズを理解し、ニーズに合わせた提案をすることはもちろん重要ですが、こちらの意図しない方向で商談が進んでしまうと時間を浪費してしまうことになりかねません。

これを防ぐためには、顧客に対して丁寧にコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことが大切です。具体的には、自社の製品やサービスの特徴を明確に伝え、競合他社との差別化を図りつつ、顧客が真に使いたい機能や実現したい業務のあり方を提案することです。

この記事では営業を高速化しつつ、顧客との信頼関係を作っていく方法についてご紹介します。

目次

「BANTのB」は早い段階で確認する

BANTとはBudget(予算)、Authority(決裁権)、Needs(需要)、Timeframe(導入予定時期)の頭文字をとった言葉です。中でも予算については早い段階で確認することで、以下のようなメリットを得ることができます。

  1. 購買意欲を推察する 予算が確保されていることは、顧客が購入意欲を持っていることを示します。逆に予算が確保されていない場合、顧客は製品やサービスを購入する意欲が低い可能性があります。
  2. タイムリーな情報提供 予算の確保状況を事前に知ることで、顧客に最適なタイミングで情報提供ができます。 例えば、予算が確保された直後に情報提供を行うことで、製品やサービスを購入する意欲を高めることができます。
  3. 購買プロセスの把握 充分な予算が確保されている場合、顧客は製品やサービスの購買プロセスを短期的なスケジュール感で進める可能性が高くなります。

予算がない、あるいは確保している予算の規模がマッチしないようであればそれ以上商談を進めないことで、限りある時間を有効活用することができます。

なるべく早い段階でデモを見せる

デモは、見込み顧客に自社の価値をわかりやすく伝える最大の機会です。 最も多くの顧客に評価されている機能に営業トークを集中させ、具体的なシナリオで見込み顧客の問題を解決する方法を紹介することで、実際に製品やサービスを現場でどう使うかをイメージさせることができます。

最初にデモを行った事業者は、競合他社に対して大きなアドバンテージを持つと言われています。他社のデモや説明結果を踏まえると、どうしても比較意識が顧客の中で働きます。

「今すぐ上司や他の担当者に今日のことを話しに行こう」と思ってもらえるような魅力的なデモをいち早く実施することで、顧客側のアクションのスピード感が増し、競合のプレゼンは「参考情報」程度になることも多いです。

異論や懐疑的な意見は早めに共有してもらう

営業トークでは自社の強みを強調がちですが、自社のウィークポイントやデメリットを説明しないことで、商談を先のステージに進めてから困ることがあります。

後々になって見込顧客側にいる「導入反対派」の勢力から反対意見をもらい、さまざまな意見が混在することで、商談が進めにくく、滞りがちになってしまうからです。

自社の弱点や問題点といった反対意見に対して情報を隠すことなく誠実に対応することで、「導入推進派」の担当者から信頼を得ることができます。また、自社が持つ強みと弱みを明確に伝えることで、見込み顧客は製品や製品やサービスを比較しやすくなり、自社の優位性をより具体的に認識してもらうことに繋がります。

実施可能なネクストアクションをドキュメントベースで共有する

商談のすべての段階で、次のステップを明確に文書化し、各社が取るべき行動とその期日を設定することで、見込み顧客と計画的に商談を進めることができます。

具体的には、商談での取り決めやアクションアイテムを文章化することで双方の期待を明確にするメリットと、次の商談に向けた適切なフォローアップを準備できるというメリットがあります。

また、上司や先輩社員が複数の案件の進捗状況を把握しやすくなり、より適切なアドバイスを得ることができます。

第三者の公開情報や評価を活用する

効率的な商談の進め方のTips集

しっかりとした自己主張やアピールも大切ですが、他社からの評価や会社としての社会的評判を利用することで、商談の説得力は増します。

満足度の高い顧客から発せられる「生の声」は、ときに社内の優れた提案資料よりも説得力を持ちます。自社のファンになってくれた顧客を頼り、外部の評価サイト等にコメントをしてもらうことが、新たな顧客からの安心感や好印象を結びつける効果的な方法です。

満足度の高い顧客はNPSやCSATといった指標で測ることができます。これらの指標で自社への評価が高いとされた顧客にIT Reviewなどのユーザーレビューサイトで投稿してもらうことで、自社の製品やサービスの販売促進に利用できる「生の声」を得ることができます。 上記のようなサイトで多くの評価の評価を投稿してもらい、「その業界のリーダー」といった評価を第三者目線でラベル付けしてもらうことで、自社の社会的評判は向上していきます。

             

おわりに

上記の中にはすぐには実現しにくく、組織的な営業プロセスの変更を伴うものもありますが、自社と顧客との間に有益な関係性を築くという観点から、営業担当者にとってもその見込み顧客にとってもより良い結果をもたらしてくれるはずです。
当社が提供している名刺ソナーは、見込み顧客企業に関する最新のニュースや人事異動情報を確認できるようになっております。名刺を交換した担当者の情報と合わせて保持しておくことで、見込み顧客の状況をいち早く理解し、競合の一歩先をいく提案を検討するために活用されています。

この記事を書いた人

uSonar

ユーソナー編集部

MXグループ・編集長

ユーソナー編集部です。
主にBtoB事業を営む企業様に向け、これからの業務のあり方を考える上で有用なデータ活用やデジタル技術に関する情報を発信しています。

ユーソナー株式会社では、BtoB企業の市場開拓におけるデータ活用の実態について、経営企画職の方500人を対象にアンケート調査を実施し、レポートにまとめました。 営業・マーケティング活動を強化・改善していくためのヒントやきっかけとしていただければ幸いです。

以下フォームへご記入の上、資料をご覧ください。

サービスやイベントに関する情報の受け取りはいつでも停止することができます。当社規定に関しては、「プライバシーステートメント」をご確認ください。

ユーソナーは業種・業界問わず
様々な企業において活用いただいております。

  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo

ITreview Grid Award 2024 Spring
リーダー認定4部門

  • ITreview Grid Award 2024 Winter
  • 企業データベース
    ABMツール
    営業リスト作成ツール
    名刺管理ソフト

Salesforce Japan Partner Award 2023
AppExchangeビジネスの中で最も秀でたパートナーと評価

Salesforce Japan Partner Award 2023

ユーソナーなら、
貴社の課題も解決へ導きます!

導入事例サンプルレポート
ダウンロード

すべての『資料』を見る
導入事例やサンプルレポートをダウンロード

お急ぎの方はお電話にて03-5388-7000受付時間 10:00 〜 19:00(土日祝休)

データ活用による営業DXの決定版

サービス資料

5分で分かる ユーソナー

5分で分かるユーソナー

資料ダウンロード