• 営業戦略

日本でも注目を集めるセールスイネーブルメントとは?意味、市場規模、成功事例やおすすめツールを紹介

営業戦略をまとめて学ぶならこちら▶

営業を科学する
5分でわかる「ユーソナー」

ニーズやデジタル技術の複雑化、人口減少による業務効率の重視といった社会的要因を背景に、営業組織の仕組みを強化する「セールスイネーブルメント」が日本においても注目を集めています。時代の流れに取り残されないために、セールスイネーブルメントの基本概念や実施のコツを学びましょう。

本記事の最後には、営業組織におけるデータの課題を解決するおすすめツールuSonar(ユーソナー)も説明しています。ぜひ最後までご覧ください。

>>レビューサイトITreview で'7冠'獲得。セールスイネーブルメント部門でもリーダーに

目次

セールスイネーブルメントとは

セールスイネーブルメント(sales enablement)のイネーブルメント(enablement)とは「~を有効化する・できるようにする」意味の「enable」を名詞化した言葉です。そこからセールスイネーブルメントは、営業組織を強化し、効率化するための戦略的なアプローチと読み解くことができます。中心的な意味は、「成果につながる営業人材育成の仕組み」ですが、より広義には人材育成に限らず営業プロセス全体を改善し、営業担当者がより効果的に成果を出すための組織づくりという意味を持ちます。

セールスイネーブルメントの基本的な概念と定義

セールスイネーブルメントの基本的な概念は、営業チームを支援し、成功に導くために必要な資源を提供することです。これには情報、トレーニング、ツール、テクノロジー、プロセスの最適化などが含まれます。セールスイネーブルメントは、効果的なコミュニケーション、販売戦略の開発、競争力の強化、お客様への価値提供を支援し、企業の収益向上に貢献します。

セールスイネーブルメントの種類

セールスイネーブルメントにはさまざまなアプローチや方法が存在します。一般的なセールスイネーブルメントの種類には以下が含まれます。

  • トレーニングと教育: 営業担当者に対する専門的なトレーニングや教育プログラムを提供します。
  • テクノロジーツール: 営業プロセスをサポートするためのテクノロジーツールやソフトウェアを提供します。
  • 情報とデータ: 営業担当者が正確な情報とデータにアクセスできるようにします。
  • プロセスの改善: 営業プロセスを最適化し、効率を向上させるための方法を提供します。

それぞれの種類は、企業のニーズや業界に合わせてカスタマイズされ、営業チームが成功するための基盤を提供します。

セールスイネーブルメントのメリットは?

セールスイネーブルメントの導入には多くのメリットがあります。以下はその詳細です。

営業活動の効率向上

セールスイネーブルメントを導入することで、営業担当者は効率的に業務を遂行できます。具体的には、タスクの自動化が繰り返しの作業を軽減し、営業チームはより多くの時間を顧客との対話に費やすことができます。リードの管理も最適化され、追跡やスコアリングが改善され、適切なタイミングでアクションを起こすのに役立ちます。

営業の「トップライン」増加

セールスイネーブルメントは企業の収益向上に寄与します。これは「トップライン(売上高)」を上げるメリットに繋がります。具体的には、リードの増加、効果的なクロージング、長期的な顧客関係の築き方を支援します。これらの要素が組み合わさり、売上高を増加させ、企業の成長に寄与します。

マーケティングとの関連

営業組織全体の最適化を図るセールスイネーブルメントは、マーケティングチームにも顧客情報の共有や効果的なコンテンツ提供の面でメリットがあります。

顧客情報の共有

セールスイネーブルメントとマーケティングは顧客情報を共有し、効果的な連携を実現します。営業担当者とマーケティングチームはリードの進捗状況や興味を共有し、適切なフォローアップアクションを実行できます。また、ターゲット市場に関するデータも共有され、ターゲットへの効果的なアプローチが可能となります。

効果的なコンテンツ提供

マーケティングが提供するコンテンツはセールスイネーブルメントにおいて重要な役割を果たします。提案資料やプレゼンテーションなどのコンテンツは、営業担当者が顧客に提供するのに役立ちます。顧客向け教育資料も提供され、信頼関係を築き、顧客に価値を提供します。

連携強化により、マーケティングと営業は一体となり、リードジェネレーションからクロージングまでのプロセスをスムーズに実行できます。

セールスイネーブルメントの市場規模、最新動向

セールスイネーブルメントの市場規模、最新動向

セールスイネーブルメントの普及率

海外の大手リサーチ機関であるCSO Insightsが2019年に発表した「Sales Enablement Report 」によると、2016年に32.7%だったセールスイネーブルメントの導入率は、2017年には59.2%にまで急増しました。この割合は2019年まで増加を続けており、パンデミックの影響を受けらなる成長が予測されます。

グローバルなセールスイネーブルメント市場の動向と予測

2021年に発表されたResearch and Markets社の報告書によれば、セールスイネーブルメントプラットフォームの世界市場は2020年におおよそ13億米ドルと評価され、2020年から2027年までの期間において、年平均成長率(CAGR)が19.5%と予測されており、2027年には約45億米ドル規模に成長する見込みです。

セールスイネーブルメントが求められる背景

セールスイネーブルメントがなぜ注目されているのか、その背後には何があるのでしょうか?このセクションでは、セールスイネーブルメントの需要が高まる背景について解説します。

  • ニーズの多様化に伴う製品メリットの複雑化・多様化
  • 少子高齢化や働き改革で効率が重視されるようになった
  • デジタル技術の普及・深化に伴う専門技術の高度化

ニーズの多様化に伴う製品メリットの複雑化・多様化

現代の市場では、顧客のニーズがますます多様化し、個別化されています。これに伴い、企業が提供する製品やサービスのメリットも複雑化し、多様化しています。セールス担当者は、顧客の多彩なニーズに対応し、製品やサービスが提供する価値を的確に伝える必要があります。セールスイネーブルメントは、営業担当者がこの課題に対処し、顧客に最適なソリューションを提供できるようサポートします。

少子高齢化や働き改革で効率が重視されるようになった

日本を含む多くの国で少子高齢化が進行し、働く人口が減少しています。また、働き方改革が進む中で、効率的な業務遂行がますます求められています。セールスイネーブルメントは、営業プロセスを効率化し、営業担当者が生産的に働くための環境を整備します。これにより、少ないリソースでより多くの成果を上げることが可能となり、企業の競争力を強化します。

デジタル技術の普及・深化に伴う専門技術の高度化

デジタル技術の急速な普及と深化は、多くの産業に変革をもたらしました。これに伴い、専門技術や知識の高度化が求められます。セールス担当者は製品やサービスに関する高度な知識を持ち、顧客に専門的なアドバイスを提供する必要があります。セールスイネーブルメントは、営業担当者に必要な情報やトレーニングを提供し、専門知識を高めるためのフレームワークを提供します。これにより、営業担当者は高度な専門性を持ち、信頼性を高めることができます。

セールスイネーブルメントを成功させるポイント

  

セールスイネーブルメントの範囲は多岐に渡り、最適な手法も営業組織によって異なります。ここでは成功に欠かせない共通するポイントに絞って説明します。

  • 専門部署をつくる
  • 営業ノウハウを共有して属人化を防ぐ
  • CRMやSFAなど営業支援ツールを導入する
  • 効果測定を行えるデータ基盤を整える

専門部署をつくる

セールスイネーブルメントの専門部署を設立することは、成功の鍵です。この部署はセールスイネーブルメントの戦略を立案し、実行する役割を担います。専門部署は営業担当者と連携し、トレーニングプログラムの開発、ツールの選定、成果の評価を行います。専門部署がセールスイネーブルメントに関する専門知識とリーダーシップを提供することで、組織全体の成功に寄与します。

営業ノウハウを共有して属人化を防ぐ

営業担当者間でのノウハウ共有はセールスイネーブルメントの成果に大きく影響します。属人化(個人依存型)を防ぐために、営業担当者が成功事例やベストプラクティスを共有する仕組みを整えることが重要です。内部コミュニケーションと知識共有を促進するためのプラットフォームを導入し、チーム全体が共通の目標に向かって協力できる環境を整備します。

CRMやSFAなど営業支援ツールを導入する

セールスイネーブルメントにおいて、効果的な営業支援ツールの導入は不可欠です。CRM(Customer Relationship Management)やSFA(Sales Force Automation)などのツールは、顧客情報の管理、タスクの自動化、リード管理などを支援します。これらのツールを活用することで、営業担当者は生産性を向上させ、重要な情報にアクセスしやすくなります。

効果測定を行えるデータ基盤を整える

セールスイネーブルメントの成果を評価し、改善するために、効果測定を行うデータ基盤が必要です。データ分析ツールやダッシュボードを活用し、セールスイネーブルメントの効果を定量的に評価します。顧客の反応、リードの変換率、売上の増加などの指標を追跡し、戦略の調整に役立てます。データに基づいた意思決定が、セールスイネーブルメントの成功につながります。

セールスイネーブルメントに役立つフレームワーク

  

このセクションでは営業力を強化する具体的なフレームワークを紹介します。どの手法も社会的、科学的に検証されその効果が認められています。自社にあるフレームワークから導入をすすめることをおすすめします。

セールスイネーブルメントに役立つフレームワーク

  • ヒアリング力を高めるSPINアプローチ
  • 説得の手法を学ぶ「影響力の武器」
  • BtoB営業の基本「BANT」

ヒアリング力を高めるSPINアプローチ

SPINアプローチは、効果的なヒアリングと質問テクニックを強調するフレームワークです。SPINは「Situation(状況)」「Problem(問題)」「Implication(影響)」「Need-payoff(必要性)」の頭文字を表しており、これらの要素を通じて顧客のニーズと課題を深く理解し、効果的なソリューションを提供するためのアプローチです。セールスイネーブルメントによって、営業担当者はSPINアプローチを学び、ヒアリング力を向上させ、顧客との対話を強化します。

説得の手法を学ぶ「影響力の武器」

「影響力の武器」として知られる説得の手法は、ロバート・チャルディーニ博士によって提唱されました。このフレームワークには、相手を説得するための心理学的な原則が含まれており、それには社会的証拠、希少性、信頼性などが含まれます。セールスイネーブルメントを通じて、営業担当者はこれらの説得の原則を学び、コミュニケーションスキルを向上させ、顧客を説得しやすくします。これは営業プロセスで信頼を構築し、成約率を向上させるための有力なツールとなります。

BtoB営業の基本「BANT」

BANTは、法人(BtoB)営業において基本的なアプローチを提供するモデルです。このフレームワークは、リードの質を評価し、購買意向を判断するための指針として役立ちます。BANTは「Budget(予算)」「Authority(権限)」「Need(必要性)」「Timing(タイミング)」の頭文字を表し、これらの要素を確認することで、リードの質を向上させ、効果的なリードクオリフィケーションを実現します。セールスイネーブルメントによって、BANTモデルを理解し、営業プロセスに組み込むことで、リードの質の向上と成約率の向上が実現されます。

セールスイネーブルメントの成功事例

株式会社大塚商会

創業以来一貫して「顧客満足の追求」に拘り、お客様に寄添い、お客様と共に成長を続けてきた株式会社大塚商会は、顧客データ統合ツール「ユーソナー」により、営業の接点活動だけでは、把握できていなかったお客様の今の課題、更には、将来構想の実現に向けた将来の課題まで、把握し営業活動を効率化しました。

ユーソナー導入前の課題

・時流と共に、多様化しているお客様のニーズに応えたい

得られた効果

・お客様に適切な情報を提供することでお客様との関係性が向上

事例の詳細はこちら

セールスイネーブルメントにおすすめのツール

uSonar(ユーソナー)

SalesforceなどSFAをより活用してセールスイネーブルメントの効果を高めるなら、uSonar(ユーソナー)がおすすめです。
uSonarの特徴は、搭載する企業情報の網羅性と統合性にあります。

  

企業情報の網羅性

独自構築した法人企業データベースは国内820万件の企業情報を拠点単位で網羅しています。搭載される情報は、所在地や業種、売上高に加え200以上のセグメント軸からなる企業の特徴情報まで多種多様。属人化が起こりやすい情報収集をこのツールに一元化できます。

  

統合性

20種類以上の名寄せマスタが、部署ごと、事業所ごとに散在する顧客情報の統合を可能にします。顧客情報の一元管理により、社内に散らばる各種データを横串で捉えた効果測定が可能になります。

  

>>レビューサイトITreview で'7冠'獲得。セールスイネーブルメント部門でもリーダーに

ユーソナーの詳細はこちらからご確認ください。

この記事を書いた人

uSonar

ユーソナー編集部

MXグループ・編集長

ユーソナー編集部です。
主にBtoB事業を営む企業様に向け、これからの業務のあり方を考える上で有用なデータ活用やデジタル技術に関する情報を発信しています。

ユーソナーは業種・業界問わず
様々な企業において活用いただいております。

  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • RevCom
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • RevCom
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo

ITreview Grid Award 2024 Spring
リーダー認定4部門

  • ITreview Grid Award 2024 Winter
  • 企業データベース
    ABMツール
    営業リスト作成ツール
    名刺管理ソフト

Salesforce Japan Partner Award 2023
AppExchangeビジネスの中で最も秀でたパートナーと評価

Salesforce Japan Partner Award 2023

ユーソナーなら、
貴社の課題も解決へ導きます!

導入事例サンプルレポート
ダウンロード

すべての『資料』を見る
導入事例やサンプルレポートをダウンロード

お急ぎの方はお電話にて03-5388-7000受付時間 10:00 〜 19:00(土日祝休)

データ活用による営業DXの決定版

サービス資料

5分で分かる ユーソナー

5分で分かるユーソナー

資料ダウンロード