• 与信・反社チェック

信用調査(与信調査)とは?調査の基本やコスト削減のコツも紹介!

与信管理をまとめて学ぶならこちら▶

与信調査の対象を
"1/10に削減"するには?

企業経営を行う上で、多くの企業が信用調査を行っています。信用調査には費用がかかることもありますが、調査対象の企業規模などにより、必要に応じて調査方法を使い分けるなどすれば調査費用を抑えていくことができます。本記事では、信用調査の基本についてと、信用調査にかかる費用を削減する方法について解説します。

目次

信用調査(信用調査)とは?

信用調査は主に、取引相手の信頼性や支払い能力を評価する目的で行われる調査を「与信調査」、反社会的勢力や犯罪組織との関わりを持っていないかを確認するための調査を「反社チェック」と呼ばれます。

安定した経営を行うためには、取引先に支払い能力があるかどうか、急激な信用度の低下の恐れがあるかどうかなどを事前に調査しておく必要があります。また、反社会的勢力と関わることも、企業の評判や信用に悪影響を及ぼす可能性や、法的なリスクを抱える恐れもあります。このように、自社に対してマイナスな影響がないかどうかを事前に調査することが、信用調査となります。

信用調査を行わない場合に起こるリスク

信用調査は、相手企業の信頼性を評価して安定した経営を維持するために不可欠なプロセスです。信用調査を行わずに企業活動を進めることには、様々なリスクがあります。

財務的なリスク

取引企業の経営状況や財務健全性に関する情報が不明瞭なままで取引を開始してしまうと、万が一相手企業が支払い能力に不安を抱えている場合、買掛金や売掛金が滞留し、自社のキャッシュフローが悪化して運営資金に影響を及ぼす可能性があります。

供給のリスク

取引企業が経営困難に陥った場合、急な生産停止や供給不足、品質の低下などの供給面でのサービスが悪化してしまうリスクがあります。

信用面のリスク

取引企業の不正行為や汚職、反社会的勢力と関連する可能性が見られる場合、自社の信頼性を大きく低下させてしまう恐れがあります。万が一、法的な問題や訴訟に巻き込まれることが起きてしまうと、それに伴う費用・時間・労力がかかり、自社にとって大きな負担となってしまいます。

信用調査の方法

信用調査の方法は、大きく「内部調査」と「外部調査」の2つに分けられます。

内部調査

内部調査は、社内調査とも言われ、自社が保有する情報やデータを活用して信用調査を行います。社内のデータベースから過去の取引履歴や支払い遅延の記録などを収集し、信用評価に活用します。相手企業へ直接のコミュニュケーションを取り、信頼性やリスク管理方針について情報収集し、信用評価を行います。

直接調査

直接調査は、調査対象企業に対して直接情報を収集するプロセスです。これには電話、FAX、メール等を通じたアンケート、質問、対話などが含まれます。相手の財務状況や信用価値をより詳細に理解するために使用されます。

外部調査

情報を収集する際、調査対象となる企業以外から情報を取得する方法として、官公庁調査やインターネットを活用した外部調査があります。官公庁調査では商業登記簿や不動産登記簿から情報を入手し、インターネットを利用した検索調査ではオンライン情報を探索します。

依頼調査

依頼調査は、信用調査会社、弁護士、調査会社などの第三者に対して信用情報の収集を委託するプロセスです。借り手の信用履歴や信用評価を評価し、信用情報を提供するために利用されます。

上記の4通りの調査から必要な要素を組み合わせながら信用調査を行います。それにより、包括的で信頼性の高い評価が可能になり、信用リスクを最小限に抑えるのに役立ちます。

信用調査会社を利用するメリット・デメリット

信用調査会社は、企業の信用情報を収集・分析し、その情報を提供することを行う専門機関です。与信調査や反社チェックを行う際に、専門の信用調査会社を利用して調査を行うことは広く知られています。信用調査会社を利用するメリットとデメリットを紹介します。

信用調査会社を利用するメリット

信用調査会社を使用した信用情報はその情報の確実性が高く、資本金や従業員数などの基本的な情報はもちろん、支払遅延情報や信用評価など幅広い企業情報を得ることができます。

信用調査会社を利用するデメリット

信用調査会社を利用した信用調査は幅広い信用情報を高い精度で収集することができますが、調査にかかる費用が発生します。多くの企業を調査する必要がある場合、調査費用について考慮する必要があります。また、調査したい企業についての登録が無い場合の新規調査の際は、調査期間に約1ヶ月以上かかることが一般的で、調査期間を短縮するには別途費用をかけてオプション指定などを行う必要もあります。

信用調査における一次チェックとは

信用調査会社を使用する前に自社で行えることがあります。それが信用調査の一次チェックです。コストを削減するには、調査機関での調査の前に社内での一次チェックが大切です。

登記簿を確認する

登記簿は法律により嘘の情報を載せることが不可能なため、企業の信用度を確認する上で非常に有効な情報源となります。登記簿を確認する方法には、法務局の窓口や郵送依頼で登記事項証明書を請求する方法と、インターネットで登記情報提供サービスを利用して情報を得る方法があります。いずれも費用が発生しますので、調査費用を抑えるためには、目的に応じて必要な情報を選択しながら取得できるようにする必要があります。

インターネットで調べる

業界特有のネガティブキーワードを用いて検索し、調査を行うことができます。社名や代表者名に続いて「暴力団」「検挙」「評判」「違反」などのキーワードと組み合わせて検索をかけて調査を行います。

ネガティブキーワードには様々な種類があるため、調査の際に使用するキーワードについてのルールを決めて社内共有する必要があります。公的なウェブサイトや業界のニュースページなどを参考にして調査をしますが、インターネット検索で得られた情報の解釈や自己判断が難しい場合には、専門機関に相談する必要があります。

訪問による調査

実際に相手企業を訪問して調査を行う方法があります。上職者や社員の様子、社内備品や設備の具合なども直接確認することができるので、実際の状況を把握しやすいというメリットがあります。

今後の取引が継続する場合には、現時点での信頼関係も大切になってくるため、訪問の際やヒアリングを行う際には、調査されていると気が付かれないような細心の注意や心配りが必要になります。また、対象の企業が遠方にある場合には訪問による直接調査は難しくなります。

企業データベースを活用して調査する

企業データベースを活用した信用調査の方法があります。国内最大規模の法人データベースLBCを元にした「ユーソナー」は、評点と要注意データベースを合わせて確認することで、簡易的な信用調査を可能にします。

リスクチェックコストを1/10にする「ユーソナー」の特徴

  1. 国内のビジネス拠点を網羅
  2. ユーソナーの法人データベースは大企業から個人事業主まで網羅しているので、国内のあらゆる企業の情報を検索することができます。

  3. わかりやすい
  4. 懸念レベルが見やすく表示されるので、判断に迷うことがありません。新規の問い合わせが入った際にも当該企業について短時間でチェックできるので、対応する上での判断も迅速に行えます。

企業データベースを活用することで、網羅的に、素早く、正確に、リスクチェックを行うことが可能になります。

ユーソナーの詳細はこちらからご確認ください。

信用調査の一次チェックの重要性

信用調査の一次チェックは、費用や時間コストの削減に欠かせません。信用調査を行いたい企業の全ての情報を信用調査会社で調査することになると、費用もかかる上に時間コストもかかってしまいます。まずは自社での一次チェックを行い、そこでは調査しきれなかった情報のみを信用調査会社に依頼することで、効率的な調査をすることができます。

また、与信に問題がありそうでも実際に倒産する企業はほとんどないというデータもあります。
ユーソナーの要注意データベースや評点を用いる際に社内でルール決めを行い、一定評価以上の企業に関しては、一次チェックの判断を元に取引を進めるというのも一つの方法になります。

必要に応じた信用調査でコスト削減につながる

信用調査の一次チェックを効果的に行い、リスクが高いと思われる企業のみ詳しい信用調査を進め、それ以外の企業には簡略化した調査を行うなど、状況に応じて効果的なリスク管理を行うことが重要です。リスク管理とコスト削減の両方をバランスよく行い、的確な情報を活用することで、信用調査のプロセスを最適化していきましょう。

この記事を書いた人

uSonar

ユーソナー編集部

MXグループ・編集長

ユーソナー編集部です。
主にBtoB事業を営む企業様に向け、これからの業務のあり方を考える上で有用なデータ活用やデジタル技術に関する情報を発信しています。

ユーソナーは業種・業界問わず
様々な企業において活用いただいております。

  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • RevCom
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • RevCom
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo

ITreview Grid Award 2024 Spring
リーダー認定4部門

  • ITreview Grid Award 2024 Winter
  • 企業データベース
    ABMツール
    営業リスト作成ツール
    名刺管理ソフト

Salesforce Japan Partner Award 2023
AppExchangeビジネスの中で最も秀でたパートナーと評価

Salesforce Japan Partner Award 2023

ユーソナーなら、
貴社の課題も解決へ導きます!

導入事例サンプルレポート
ダウンロード

すべての『資料』を見る
導入事例やサンプルレポートをダウンロード

お急ぎの方はお電話にて03-5388-7000受付時間 10:00 〜 19:00(土日祝休)

データ活用による営業DXの決定版

サービス資料

5分で分かる ユーソナー

5分で分かるユーソナー

資料ダウンロード