• 業界レポート

ゼネコン業界レポート|企業一覧と特徴を解説

目次

ゼネコン業界とは:

ゼネコン業界とは、一般建設業者、通称「ゼネコン」が活動する産業のことを指します。ゼネコンは、大規模な建築や土木のプロジェクトを手掛け、設計から施工、そしてメンテナンスまでを一手に引き受ける企業です。彼らは、オフィスビル、住宅、商業施設、工場、道路、橋、ダム、鉄道、空港、港湾、水道・下水道など、さまざまな建築物やインフラの建設を担当します。ゼネコンは、プロジェクト全体を管理し、必要に応じてサブコントラクターを雇って特定の作業を行わせます。また、ゼネコン業界は、経済の動向、政府の政策、技術の進歩など、多くの外部要因に影響を受け、その活動は法規制、安全基準、環境配慮など多くの要素を考慮しながら進められます。

ゼネコン業界の特徴:

ゼネコン業界の一つの大きな特徴は、そのプロジェクトの規模と多様性です。ゼネコンは、大規模な建築や土木のプロジェクトを手掛け、オフィスビル、住宅、商業施設、工場、道路、橋、ダム、鉄道、空港、港湾、水道・下水道など、さまざまな建築物やインフラの建設を担当します。これらのプロジェクトは、その規模と複雑さから、高度な専門知識と経験、そして広範な管理能力を必要とします。

また、ゼネコン業界は、プロジェクト全体を管理する役割を果たします。ゼネコンは、設計から施工、そしてメンテナンスまでを一手に引き受け、プロジェクト全体の進行を監督します。これには、予算管理、スケジュール管理、品質管理、安全管理など、多くの要素が含まれます。また、必要に応じてサブコントラクターを雇って特定の作業を行わせ、その作業の品質と進行状況も管理します。

さらに、ゼネコン業界は、法規制と安全基準の遵守が非常に重要な特徴です。ゼネコンは、建築基準法や労働安全衛生法などの法律に基づいてプロジェクトを進め、その遵守は厳しく監督されます。また、建設現場の安全管理は、ゼネコンの重要な責任であり、労働者の安全を確保するための厳格な基準と手順が存在します。

ゼネコン業界は、経済の動向、政府の政策、技術の進歩など、多くの外部要因に影響を受けるという特徴もあります。経済の好調な時期には、新規の建設プロジェクトが増え、業界全体が活況を呈します。しかし、経済が低迷すると、建設プロジェクトは減少し、業界全体が厳しい状況に直面します。また、政府のインフラ投資政策や、都市開発、再開発の計画も、ゼネコン業界の市場環境に大きな影響を与えます。

最後に、ゼネコン業界は、技術革新の影響を大きく受けています。BIM(Building Information Modeling)やドローン、3Dプリンティング、AI(人工知能)などの新技術が導入され、設計から施工、管理までのプロセスが大きく変わりつつあります。これらの技術は、効率性の向上、コスト削減、安全性の向上など、ゼネコン業界に大きな変革をもたらしています。しかし、同時に、これらの新技術を導入し、適応するための投資や教育、人材育成が必要となり、それが新たな課題となっています。

ゼネコン業界の市場環境や課題:

ゼネコン業界の市場環境は、経済の状況、政策、技術の進歩、人口動態など、多くの要素によって影響を受けます。経済の好調な時期には、新規の建設プロジェクトが増え、業界全体が活況を呈します。しかし、経済が低迷すると、建設プロジェクトは減少し、業界全体が厳しい状況に直面します。また、政府のインフラ投資政策や、都市開発、再開発の計画も、ゼネコン業界の市場環境に大きな影響を与えます。

ゼネコン業界は、労働集約的な産業であるため、労働力の供給と需要のバランスも重要な市場環境の一つです。特に、高齢化社会では、若年労働力の減少とともに、経験豊富な労働者の退職が進むため、人手不足が深刻な課題となっています。また、ゼネコン業界は物理的に厳しい労働を伴うため、若者の間での就職先としての魅力が低下しているという問題もあります。

さらに、ゼネコン業界は、環境問題との関わりが深い産業です。建設プロジェクトは、自然環境への影響が大きく、また、建設材料の生産や建設作業自体も大量のエネルギーを消費し、CO2排出に寄与します。そのため、環境保護の観点から、省エネルギー、リサイクル、廃棄物管理など、環境に配慮した建設方法の開発と導入が求められています。

また、ゼネコン業界は、技術革新の影響を大きく受けています。上述の通り、新技術が導入され、設計から施工、管理までのプロセスが大きく変わりつつあります。新技術は、効率性の向上、コスト削減、安全性の向上など、ゼネコン業界に大きな変革をもたらしています。しかし、同時に、新技術を導入し、適応するための投資や教育、人材育成が必要となり、それが新たな課題となっています。

最後に、ゼネコン業界は、品質と安全性の確保が重要な課題です。ゼネコンは、人々の生活や社会活動を直接支える建築物やインフラを生み出すため、その品質と安全性は非常に重要です。しかし、コスト削減の圧力やスケジュールの厳しさ、人手不足などの問題が、品質と安全性の確保を難しくしています。そのため、品質と安全性を確保しながら、効率的にプロジェクトを進める方法の開発と導入が求められています。

ゼネコン業界の主要な企業一覧(最大50社抜粋)

法人企業マスターデータベースLBCから抽出した主要な企業は以下の通りです。

企業名 本社住所
清水建設株式会社 東京都中央区京橋2丁目44942
鹿島建設株式会社 東京都港区元赤坂1丁目44986
株式会社大林組 東京都港区港南2丁目44972品川インターシティB棟
大成建設株式会社 東京都新宿区西新宿1丁目44951新宿センタービル
株式会社竹中工務店 大阪府大阪市 中央区本町4丁目44939御堂ビルディング 1F
株式会社長谷工コーポレーション 東京都港区芝2丁目11689
戸田建設株式会社 東京都中央区八丁堀2丁目45143
西松建設株式会社 東京都港区虎ノ門1丁目44943虎ノ門ヒルズビジネスタワー 6F、7F
株式会社熊谷組 東京都新宿区津久戸町44958
五洋建設株式会社 東京都文京区後楽2丁目44965
株式会社奥村組 大阪府大阪市 阿倍野区松崎町2丁目44959
鉄建建設株式会社 東京都千代田区神田三崎町2丁目45049
東洋建設株式会社 東京都千代田区神田神保町1丁目105神保町三井ビルディング 11F
大豊建設株式会社 東京都中央区新川1丁目45040
飛島建設株式会社 東京都港区港南1丁目45153Wビル 5F
日本国土開発株式会社 東京都港区虎ノ門4丁目44998ヒューリック神谷町ビル 5F
東鉄工業株式会社 東京都新宿区信濃町34JR信濃町ビル 4F
東亜建設工業株式会社 東京都新宿区西新宿3丁目45108新宿パークタワー 31F
株式会社淺沼組 大阪府大阪市 浪速区湊町1丁目44960マルイト難波ビル
株式会社安藤・間 東京都港区東新橋1丁目45170
三井住友建設株式会社 東京都中央区佃2丁目44932
東急建設株式会社 東京都渋谷区渋谷1丁目16-14渋谷地下鉄ビル
株式会社錢高組 東京都千代田区一番町31
前田建設工業株式会社 東京都千代田区富士見2丁目45201飯田橋グラン・ブルーム
株式会社NIPPO 東京都中央区京橋1丁目45249
株式会社フジタ 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目44982修養団SYDビル
株式会社鴻池組 大阪府大阪市 中央区北久宝寺町3丁目45078本町南ガーデンシティ
株式会社不動テトラ 東京都中央区日本橋小網町45109ぺんてるビル
株式会社ピーエス三菱 東京都中央区晴海2丁目45070晴海センタービル 3F
株式会社福田組 新潟県新潟市 中央区一番堀通町44995
矢作建設工業株式会社 愛知県名古屋市 東区葵3丁目45126葵センタービル
株式会社ナカノフドー建設 東京都千代田区九段北4丁目44985NF九段
北野建設株式会社 長野県長野市大字南長野県町524
株式会社大本組 岡山県岡山市 北区内山下1丁目44939
西武建設株式会社 埼玉県所沢市くすのき台1丁目45231
大日本土木株式会社 岐阜県岐阜市宇佐南1丁目44996
広成建設株式会社 広島県広島市 東区上大須賀町44927広成ビル 3F
青木あすなろ建設株式会社 東京都港区芝4丁目45140
大鉄工業株式会社 大阪府大阪市 淀川区西中島3丁目45184
南海辰村建設株式会社 大阪府大阪市 浪速区難波中3丁目45065南海浪速ビル
ユニオン建設株式会社 東京都目黒区中目黒2丁目45200
株式会社巴コーポレーション 東京都中央区月島4丁目16-13Daiwa月島ビル 3F
東武建設株式会社 栃木県日光市大桑町138
京成建設株式会社 千葉県船橋市宮本4丁目45002
京王建設株式会社 東京都府中市府中町2丁目44940
ジェイアール東海建設株式会社 愛知県名古屋市 中村区竹橋町45275
株式会社ハンシン建設 大阪府大阪市 西淀川区佃2丁目45204
三軌建設株式会社 福岡県福岡市 博多区東光寺町1丁目45059
株式会社NB建設 神奈川県横浜市 神奈川区栄町45047横浜クリエーションスクエア(YCS) 10F
京急建設株式会社 神奈川県横浜市 西区高島1丁目44965


企業にまつわるデータは様々なところから収集できますが、言い換えるとそのすべてを自助努力で収集することはとても労力のかかる作業であるとも言えます。 当社が提供しているユーソナーは、複数のデータベースを並行運用して様々なデータソースを日常的に収集し、高精度に統合・リッチ化された企業データを日々更新し続けております。

詳細については、ユーソナーまでお問い合わせください。

この記事を書いた人

uSonar

ユーソナー編集部

MXグループ・編集長

ユーソナー編集部です。
主にBtoB事業を営む企業様に向け、これからの業務のあり方を考える上で有用なデータ活用やデジタル技術に関する情報を発信しています。

ユーソナー株式会社では、BtoB企業の市場開拓におけるデータ活用の実態について、経営企画職の方500人を対象にアンケート調査を実施し、レポートにまとめました。 営業・マーケティング活動を強化・改善していくためのヒントやきっかけとしていただければ幸いです。

以下フォームへご記入の上、資料をご覧ください。

サービスやイベントに関する情報の受け取りはいつでも停止することができます。当社規定に関しては、「プライバシーステートメント」をご確認ください。

ユーソナーは業種・業界問わず
様々な企業において活用いただいております。

  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo

ITreview Grid Award 2024 Spring
リーダー認定4部門

  • ITreview Grid Award 2024 Winter
  • 企業データベース
    ABMツール
    営業リスト作成ツール
    名刺管理ソフト

Salesforce Japan Partner Award 2023
AppExchangeビジネスの中で最も秀でたパートナーと評価

Salesforce Japan Partner Award 2023

ユーソナーなら、
貴社の課題も解決へ導きます!

導入事例サンプルレポート
ダウンロード

すべての『資料』を見る
導入事例やサンプルレポートをダウンロード

お急ぎの方はお電話にて03-5388-7000受付時間 10:00 〜 19:00(土日祝休)

データ活用による営業DXの決定版

サービス資料

5分で分かる ユーソナー

5分で分かるユーソナー

資料ダウンロード