• 業界レポート

建設・工事業界詳細レポート|主要企業の一覧や業界の特徴をご紹介

目次

建設・工事業界とは:

日本の建設・工事業界は、多岐にわたる領域をカバーしており、国の経済発展と社会基盤の強化に重要な役割を果たしています。この産業は、建築物の設計から施工、メンテナンス、リニューアルに至るまでの一連のプロセスを取り扱っており、大規模なインフラストラクチャプロジェクトから小規模な住宅建設までを手がけています。国交省「最近の建設業を巡る状況について」によると2021年時点で、日本の建設業界の投資額は約58.5兆円と推定されています。また、この業界は約485万人の労働者を雇用しています。建設・工事業界は、地震や洪水などの自然災害に対する対策や、人口減少と都市化の影響を受けて、継続的に変化し続けています。さらに、この業界は持続可能性と環境保護への取り組みを強化しており、エコ効率的な建設手法や再生可能エネルギーの利用を推進しています。

建設・工事業界の特徴:

日本の建設・工事業界は、非常に多様なサービスを提供し、その影響範囲は広範にわたっています。この業界は、家庭やビジネス向けの小規模な改修工事から、国や地方自治体が委託する大規模な公共インフラストラクチャプロジェクトまでを手掛けています。こうしたプロジェクトには、新規のビル建設、道路・橋梁の建設・維持、都市計画や環境整備などが含まれます。上述の通り、2021年時点で、日本の建設業界の投資額は約58.5兆円に上ります。

この産業の一つの特徴は、その労働集約性です。厚労省「労働統計要覧」によると、日本の建設業界は約485万人の労働者を雇用しており、これは全労働力の約7%に相当します。また、この数値は、多様なスキルと専門知識を持つ労働者を含んでおり、建築家、エンジニア、職人、プロジェクトマネージャーなど、さまざまな専門職が含まれています。

日本の建設・工事業界は、国内外のさまざまな挑戦に対応しながらも、一貫して活動を続けています。地震や台風などの自然災害に対する対策は、特に重要な課題となっており、復旧作業や防災対策の推進における重要な役割を果たしています。また、人口減少と高齢化に伴い、既存のインフラの維持や更新、そして労働力の不足といった問題にも直面しています。

さらに、この業界はテクノロジーの急速な進化により、変化し続けています。AIやロボット技術、ドローン、3Dプリントなどの新技術が導入され、建設プロセスの効率化や安全性の向上、そして品質の確保に寄与しています。これらのテクノロジーは、設計、プロジェクト管理、施工、保守・修繕の各段階において役立てられています。

最後に、日本の建設・工事業界は、持続可能性と環境への配慮を重視しています。これは、環境に優しい建材の使用、エネルギー効率の高い設計、再生可能エネルギーの活用など、さまざまな形で具体化されています。エコ効率的な建設手法の導入により、業界全体が持続可能な未来に向けて歩んでいることを示しています。

建設・工事業界の市場環境や課題:

日本の建設・工事業界は、多くの市場環境の変動に直面しています。長期的な視点で見ると、この業界は人口減少と都市化の進行という大きな課題に直面しています。日本の総人口は2021年に約1億2600万人でしたが、2050年には推定1億人未満に減少すると予想されています。これにより、地方部での住宅や公共施設の需要が減少し、一方で都市部では高層ビルや複合施設の需要が高まると予想されています。

また、労働力の確保も大きな課題となっています。建設業界は労働集約的な産業であり、技能を持った労働者の確保が必要ですが、労働人口の減少と高齢化により、労働力不足が深刻化しています。特に、若い世代の建設業界への就職志向が低下していることが問題となっており、新たな人材確保策や生産性の向上が求められています。

一方、自然災害は日本の建設業界に大きな影響を及ぼしています。地震、台風、洪水などの頻発により、建設業界は頻繁に復旧工事や防災対策に取り組む必要があります。このため、災害対策の技術や設計、耐久性の高い建築物の建設などが重要な課題となっています。

さらに、建設業界ではテクノロジーの進化が求められています。建設現場の安全性向上や作業効率の改善のため、AIやロボット技術の導入が進められています。また、環境に優しい建設技術や再生可能エネルギーの活用など、持続可能性に対する需要も高まっています。

最後に、日本の建設業界は、国際競争力の維持と強化に取り組んでいます。世界各地でインフラストラクチャの需要が高まる中、日本の建設会社は海外での事業展開を加速させています。そのため、海外市場の理解と対応、新たなビジネスモデルの開発、質の高いサービスの提供などが求められています。

建設・工事業界の主要な企業一覧(最大50社抜粋)

法人企業マスターデータベースLBCから抽出した主要な企業は以下の通りです。

企業名 本社住所
清水建設株式会社 東京都中央区京橋2丁目16-1
鹿島建設株式会社 東京都港区元赤坂1丁目3-1
東京瓦斯株式会社 東京都港区海岸1丁目5-20
株式会社大林組 東京都港区港南2丁目15-2品川インターシティB棟
大成建設株式会社 東京都新宿区西新宿1丁目25-1新宿センタービル
積水ハウス株式会社 大阪府大阪市 北区大淀中1丁目1-88梅田スカイビルタワーイースト
大和ハウス工業株式会社 大阪府大阪市 北区梅田3丁目3-5大和ハウス大阪ビル
大阪瓦斯株式会社 大阪府大阪市 中央区平野町4丁目1-2
株式会社竹中工務店 大阪府大阪市 中央区本町4丁目1-13御堂ビルディング 1F
住友林業株式会社 東京都千代田区大手町1丁目3-2経団連会館
株式会社長谷工コーポレーション 東京都港区芝2丁目32-1
日立建機株式会社 東京都台東区東上野2丁目16-1上野イーストタワー
伊藤忠エネクス株式会社 東京都千代田区霞が関3丁目2-5霞が関ビルディング 27F~29F
シャープ株式会社 大阪府堺市 堺区匠町1
エムエム建材株式会社 東京都港区東新橋1丁目5-2汐留シティセンター 17F、18F
東京ガスネットワーク株式会社 東京都港区海岸1丁目5-20
株式会社ユアテック 宮城県仙台市 宮城野区榴岡4丁目1-1
株式会社インターネットイニシアティブ 東京都千代田区富士見2丁目10-2飯田橋グラン・ブルーム
戸田建設株式会社 東京都中央区八丁堀2丁目8-5
山九株式会社 東京都中央区勝どき6丁目5-23
三機工業株式会社 東京都中央区明石町8-1聖路加タワー
大東建託株式会社 東京都港区港南2丁目16-1品川イーストワンタワー 21F~24F
NECネッツエスアイ株式会社 東京都港区芝浦3丁目9-14NECネッツエスアイ本社ビル
株式会社関電工 東京都港区芝浦4丁目8-33
西松建設株式会社 東京都港区虎ノ門1丁目17-1虎ノ門ヒルズビジネスタワー 6F、7F
タマホーム株式会社 東京都港区高輪3丁目22-9タマホーム本社ビル
高砂熱学工業株式会社 東京都新宿区新宿6丁目27-30新宿イーストサイドスクエア 12F
株式会社熊谷組 東京都新宿区津久戸町2-1
五洋建設株式会社 東京都文京区後楽2丁目2-8
日本電設工業株式会社 東京都台東区池之端1丁目2-23NDK第二池之端ビル
株式会社明電舎 東京都品川区大崎2丁目1-1ThinkPark Tower
エクシオグループ株式会社 東京都渋谷区渋谷3丁目29-20
セコム株式会社 東京都渋谷区神宮前1丁目5-1
株式会社アマダ 神奈川県伊勢原市石田200
株式会社アマダ 神奈川県伊勢原市石田200
東建コーポレーション株式会社 愛知県名古屋市 中区丸の内2丁目1-33東建本社丸の内ビル
株式会社トーエネック 愛知県名古屋市 中区栄1丁目20-31
リンナイ株式会社 愛知県名古屋市 中川区福住町2-26
上新電機株式会社 大阪府大阪市 浪速区日本橋西1丁目6-5
株式会社奥村組 大阪府大阪市 阿倍野区松崎町2丁目2-2
株式会社きんでん 大阪府大阪市 北区本庄東2丁目3-41
積水化学工業株式会社 大阪府大阪市 北区西天満2丁目4-4堂島関電ビル
グローリー株式会社 兵庫県姫路市下手野1丁目3-1
株式会社中電工 広島県広島市 中区小網町6-12中電工平和大通りビル
株式会社九電工 福岡県福岡市 南区那の川1丁目23-35九電工本社ビル
鉄建建設株式会社 東京都千代田区神田三崎町2丁目5-3
東洋建設株式会社 東京都千代田区神田神保町1丁目105神保町三井ビルディング 11F
太平電業株式会社 東京都千代田区神田神保町2丁目4太平電業ビル
メタウォーター株式会社 東京都千代田区神田須田町1丁目25JR神田万世橋ビル
サンワテクノス株式会社 東京都中央区京橋3丁目1-1東京スクエアガーデン 18F


企業にまつわるデータは様々なところから収集できますが、言い換えるとそのすべてを自助努力で収集することはとても労力のかかる作業であるとも言えます。 当社が提供しているユーソナーは、複数のデータベースを並行運用して様々なデータソースを日常的に収集し、高精度に統合・リッチ化された企業データを日々更新し続けております。

詳細については、ユーソナーまでお問い合わせください。

この記事を書いた人

uSonar

ユーソナー編集部

MXグループ・編集長

ユーソナー編集部です。
主にBtoB事業を営む企業様に向け、これからの業務のあり方を考える上で有用なデータ活用やデジタル技術に関する情報を発信しています。

ユーソナー株式会社では、BtoB企業の市場開拓におけるデータ活用の実態について、経営企画職の方500人を対象にアンケート調査を実施し、レポートにまとめました。 営業・マーケティング活動を強化・改善していくためのヒントやきっかけとしていただければ幸いです。

以下フォームへご記入の上、資料をご覧ください。

サービスやイベントに関する情報の受け取りはいつでも停止することができます。当社規定に関しては、「プライバシーステートメント」をご確認ください。

ユーソナーは業種・業界問わず
様々な企業において活用いただいております。

  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • Ministry of Economy, Trade and Industry.
  • Asahi
  • BIZ REACH
  • NITORI BUSINESS
  • FUSO
  • MIZUHO
  • PayPay
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo
  • RICOH
  • 弁護士ドットコム
  • りそな銀行
  • SAKURA internet
  • SATO
  • 株式会社そぞん情報システムズ
  • Suzuyo

ITreview Grid Award 2024 Spring
リーダー認定4部門

  • ITreview Grid Award 2024 Winter
  • 企業データベース
    ABMツール
    営業リスト作成ツール
    名刺管理ソフト

Salesforce Japan Partner Award 2023
AppExchangeビジネスの中で最も秀でたパートナーと評価

Salesforce Japan Partner Award 2023

ユーソナーなら、
貴社の課題も解決へ導きます!

導入事例サンプルレポート
ダウンロード

すべての『資料』を見る
導入事例やサンプルレポートをダウンロード

お急ぎの方はお電話にて03-5388-7000受付時間 10:00 〜 19:00(土日祝休)

データ活用による営業DXの決定版

サービス資料

5分で分かる ユーソナー

5分で分かるユーソナー

資料ダウンロード