バックオフィス業務を効率化

戦略的な加盟店の拡大を、国内最大の企業データで実現!

株式会社出前館

不動産・住宅、石炭・鉱石、インターネット関連、通信販売、弁当・デリバリー

INTERVIEWEE

    左から順に
  • 営業本部 戦略開発部 部長 齋藤 大介 氏
  • CX本部 CX戦略部 CX企画グループ グループマネージャー 李 哲山 氏
  • CX本部 CX戦略部 CX企画グループ 萩野 陽平 氏

コロナ禍を経てすっかり私たちの生活に定着したデリバリーサービス。株式会社出前館さまは、オンラインを通じてエンドユーザーと飲食店を結ぶサービスプラットフォーム『出前館』の運営とそれに関わる事業を中心に行っています。1999年創業、2021年には加盟10万店舗を突破したデリバリー業界のリーディングカンパニー。利用者の満足度向上のため常にプロダクトの刷新や強化を図っている姿勢が印象的です。

  • 導入前の課題

    • 営業戦略をたてるうえで必要な店舗情報の網羅性や信憑性に課題があった
  • 導入の決め手

    • Salesforceと連携ができ、DXの推進に活用できる
    • 飲食店情報が80万件以上登録されており、情報の信頼性が高い
  • 得られた効果

    • 的確な営業戦略をたてられるようになり、効率的な営業活動ができている
    • 店舗情報のメンテナンスや修正の工数60%、年間約1,700万円削減
    • 簡易な反社チェックなどバックオフィス業務を効率化

blog_banner_default.jpgのサムネイル画像

導入前の課題

綿密な営業戦略を構築したいが... 必要な店舗情報の網羅性や信憑性で困っていた

ユーソナー導入前は、インターネット上に公開されている店舗情報などを参考に加盟店を増やす営業戦略をたてていたそうです。

「出前館の利用者を増やすためには、まず加盟店を増やす必要があります。営業戦略をたてて店舗に営業をかけていくのですが、最初のころは、どの店舗が出前館に登録している加盟店なのかという情報が、データベース化できていませんでした。当時はインターネット上に公開されているグルメ情報サイトなどをもとに営業戦略をたてており、ウェブ等で調べた表面上のデータだけでは、直営店なのかフランチャイズなのかというような細かい判断が難しい状況でした。営業戦略をたてても、詳細な情報がないため営業が本当にアポイントを取るべき相手がみえてこなかったり、他のスタッフと営業先がバッティングしてしまったりと、効率的に営業活動を行うことができていませんでした」

そうした課題から、一度は自社でデータベースの作成も考えたといいます。

「じつは自社で保有してSalesforceに入れている店舗情報などをもとに、店舗データベースの作成を検討したこともありました。しかし、データベースを作成するための正確な法人情報は公的機関から入手する必要がありますし、情報を一つひとつ集めると膨大な時間がかかるため、他社サービスの利用を検討しました」

齋藤

「他社サービスの情報を利用したほうが工数も少なく済みますし、情報の精度も高いと思いましたので、営業戦略を検討する立場からも他社サービスの利用を望んでいました」

DK02.jpg

導入の決め手

Salesforceとの連携実績やデータの信頼性で4社を比較しユーソナーを採用

店舗データベース構築のため、法人データ提供サービスを展開する複数の企業から話を聞き、最終的には4社に絞って比較検討したそうです。

複数の他社サービスを確認するなかで4社に絞り、自社のニーズに適しているか判断しました。具体的には、①企業の信頼性、②適合性、③将来性、④経済性、⑤実現性という5つの観点から、それぞれを分析しました。そのなかでユーソナーは、5つの項目においてバランスよく優れていました。さらにはSalesforceとの連携実績も多数あることから、社内のDX化の推進にもつながりそうだと判断、経営層の承認を得てユーソナーの採用を決めました」

営業戦略だけではなく、その他の事業展開にもユーソナーのデータを活用できそうだと感じたといいます。

「当社では加盟店を増やすという営業戦略のみならず、リテール事業なども拡大していく方針があります。その際にユーソナーの保有する法人企業データは活用できると思いました。今後の事業展開のための基盤づくりにも役立つと感じたことも、ユーソナーを採用した決め手の一つでした」

導入にあたっては、データ活用方法に関する打ち合わせや関連資料の提供などをユーソナー側が行い、運用スタートをサポートさせていただきました。

「導入前にマスターデータを保持する意味や、保持することが企業にどんな影響を及ぼすのか、ユーソナーさんから資料をもらい、データの構造的なところからの理解を深めました。マスターデータについてしっかりと理解して導入に臨んだことで、スムーズに運用が始められたと感じています」

DK04.png


DK03.jpg

得られた効果

的確な営業戦略に役立つデータ活用が可能に データ更新の工数の削減効果は60%、年間約1,700万円規模

ユーソナーとSalesforceを連携し、さまざまな効果を感じられているといいます。

「ユーソナーとSalesforceとの連携にあたり、当社側のデータの見直しや最適化に時間を要しましたが、自動連携後は、情報が更新されるようになり業務効率化につながりました。さらに、これまでは毎月10名体制で行っていた既存データ見直しや修正作業をより短い時間でできるようになり、4名体制になりました。年間の工数で言えば約1,700万円に相当する削減ができ、導入の効果を感じています」

営業戦略を考える際にも、手応えを感じているといいます。

齋藤

「営業戦略をたてたあとに実際に担当する営業部署を決めています。これまでは社内の売上ボリュームをみて、担当する部署を決めていたのですが、現在はユーソナーのデータも参考にしています。営業先の売上高、規模などの情報を事前に確認しながら判断できるようになり、担当部署の振り分けの適正化ができた、と感じています。さらに「ホワイトスペース」と呼んでいる新規の営業先を明確化できるようになったことで、効率的に営業戦略をたてられています」

営業戦略の精度が高まったことで、現場の担当者からも喜びの声が上がっているそうです。

齋藤

「直営店なのかフランチャイズなのか、そこを取りまとめている企業はどこなのかなど、店舗情報が明確にわかるようになったことで、同じ運営企業に対して別部署から営業をかけてしまうこともなくなりました。

さらに、これまでは店舗の運営企業に対してエリアごとに加盟していない店舗を確認し、その回答をもって他店舗の加盟を進める必要がありましたが、ユーソナー導入後は、店舗と運営企業の関係や、出前館に加盟していない店舗かがわかるため、運営企業に対して「○○店と○○店はまだ出前館に加盟されていないようですが、いかがですか?」と具体的かつ1歩進んだ提案ができるようになりました。スピーディで無駄のない営業ができるようになったと、現場の担当者からも喜びの声が上がっています」

また、営業部門以外の総務部や法務部でもユーソナーを活用いただいていました。

総務部や法務部では、主に反社チェックの参考としてユーソナーを利用しています。導入前は80件/日がやっとでしたが、今では200件/日と2倍超のペースでチェックが可能になりました。さらに、費用をかけてオンラインで登記を取り寄せ、紙ベースでチェックしていた作業も、画面上で完結できるようになりました。登記の取り寄せにかかる費用の削減、業務効率化にもつながっています。ユーソナーの正確なデータがあるからこそ、チェック工程を効率化できないかなどさらなる業務プロセスの改善点を洗い出していきたいと思っています

DK05.jpg

さらなる挑戦へ

未開拓エリアへの挑戦、グループ会社との連携でもユーソナーのデータが効果

今後は地方エリアでの加盟店拡大にも、意欲的に取り組みたいといいます。

萩野

「これまでどうしても手薄になりがちであった地方エリアで、これまで何度か営業をかけていたチェーン店の加盟契約を獲得することができました。ユーソナーのデータを分析し、正確な情報で営業戦略をたてることができたこと、適切な営業リソースを割けたことがその勝因だと思っています。さらなる地方エリアの加盟店拡大も視野に入れて今後は取り組んでいきたいです」

また、営業部門以外の総務部や法務部でもユーソナーを活用いただいていました。

齋藤

「Salesforceで確認できるリードのマネジメントを今後は積極的に行なっていきたいです。リードの管理を徹底することで、ユーソナーを活用してさらに効率いい営業戦略をたてられます。このように新しい展開を考えることができるようになったのも、ユーソナーを導入したおかげです」

グループ会社間の情報のやりとりにも効果を感じているそうです。同じグループの大手キャッシュレス決済サービスとも、加盟店情報の連携で活用されています。

萩野

「キャッシュレス決済側もデータベース管理にLBCコードを採用していることから、とてもスムーズに連携できています。グループ全体としてもデータを共有、活用していけそうで、今後の展開に期待が持てます」

DK06.jpg

法人マスタデータ「LBC」について

ユーソナーが構築した日本全国(約820万拠点)の事業所に、11桁の管理コードを採番した法人マスタデータです。「LBC」は法人番号や業種、売上規模などの企業属性だけでなく、企業コード体系により、親会社・子会社などの企業の資本関係や本社・事業所関係などの企業系列まで把握することが可能です。

LBCについて

顧客データ統合ソリューション「ユーソナー(uSonar)」について

顧客に関わる様々な情報を統合し、管理することができるクラウド型のデータ統合ツールです。ユーソナーが長年培ってきた様々なフォーマットのデータをクレンジングするノウハウや、自社構築した法人マスタデータ「LBC」が搭載されています。CRM/SFAや名刺管理、MA(マーケティングオートメーション)、DMPなどのソリューションとの連携が可能です。

ユーソナーについて

経営戦略プラットフォーム「プランソナー」について

進出すべき市場に対する営業戦略を、日本最大級の企業データで支援します。市場への浸透率、ポテンシャルの高いターゲットの見える化、顧客理解を常にアップデートすることで、売り上げの拡大に貢献する、経営戦略プラットフォームです。

プランソナーについて

名刺管理アプリ「mソナー(旧 名刺ソナー)」について

ユーソナーが保有する日本最大の法人マスタデータ「LBC」(820万拠点)を活用した名刺管理アプリです。OCR(光学文字認識)のデータ解析技術に「LBC」をマスタ辞書として活用することにより、名刺を撮影するだけで瞬時にデータ補正し、高精度な名刺のデータ化が可能です。また、名刺データに業種や売上高、法人番号などの属性情報も付与することができ、名刺データの即時活用を実現します。

mソナーについて

法人番号について

法人番号とは、国税庁が平成25年5月24日に成立(平成25年5月31日公布)した「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」に基づき、法人に対して法人番号を指定し、対象の法人へ通知した後、商号又は名称、本店又は主たる事務所の所在地とともに公表されるもので、会社法人等番号(12桁)に1桁(チェックデジット)を追加された13桁の番号です。

データクレンジングについて

データクレンジングとは、データの中から誤りや不足データなどの異質なデータを補正、補完し、データの品質を高めることです。ユーソナーは、長年データ構築を行う上で培ったデータクレンジング技術を用いることで、高精度なデータクレンジングを提供しています。

ユーソナーは、今後ともお客様のデータ利活用を推進するためのデータクレンジングやシステム基盤の構築を支援してまいります。

ユーソナーなら、
貴社の課題も解決へ導きます!

導入事例サンプルレポート
ダウンロード

すべての『資料』を見る
導入事例やサンプルレポートをダウンロード

その他の導入事例

お急ぎの方はお電話にて03-5388-7000受付時間 10:00 〜 19:00(土日祝休)

データ活用による営業DXの決定版

サービス資料

5分で分かる ユーソナー

5分で分かるユーソナー

資料ダウンロード