製品ニュース

ユーソナー、経営戦略プラットフォーム「プランソナー」提供
~進出すべき市場に対する営業戦略を、日本最大級の企業データで支援~

ユーソナー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長:福富七海、代表取締役共同社長:長竹克仁・大谷栄一、以下ユーソナー)は、企業の経営戦略プラットフォームとしてお使いいただけるクラウドツール「プランソナー」を12月22日から提供します。
実装の第1弾はABM(アカウント・ベースド・マーケティング)機能です。数ある経営戦略のなかで重要な営業戦略、特に進出すべき市場の見極めとその開拓や深耕です。プランソナーは、日本最大級820万件の企業データをもとに、正確な戦略策定と推進・進捗管理を可能にします。戦略プランニングにおける頼れるツールとなるべく今後も機能追加していく計画です。 画像3.jpg

プランソナー開発の背景と、プランソナーで解決できる課題

私たちユーソナーは、1990年の設立以来、社会が必要とする法人企業データを幅広く収集・整理し、日本最大級の法人企業データベース「LBC」を提供し続けて来た、いわば「企業データのプロ集団」です。近年は年間1000件ものDX(デジタル・トランスフォーメーション)プロジェクトをご支援しています。
DX支援から見えて来たのが、データドリブンやデジタルマーケティングといった言葉に象徴されるような、「データに基づく経営戦略の策定」や「戦術レベルでのリアルタイムな進捗モニタリング」に取り組む姿勢です。
ただ、方向性は見えているものの、具体的にどうすればデータドリブンが進むのか分からず悩む経営層や経営幹部・そのスタッフが数多くおられます。こうした課題の解決を支援する目的で開発したのが経営戦略プラットフォーム「プランソナー」です。
プランソナーは、質と量を誇る当社の企業データをもとに次の5つの領域で、課題解決を支援します。

  1. 1. ABM:的確な法人営業の推進  ※今回実装
  2. 2. データ管理:顧客データの補正やリッチ化・最新化
  3. 3. プロモーション:DM・メール配信・テレマーケティング管理
  4. 4. 経済情報分析:業界情報や統計情報
  5. 5. 与信:要注意情報・評点、下請け管理  (間接部門用)

プランソナーをおすすめしたいユーザー

・企業間の取引が非常に多い法人企業の方(年商100億円以上といった規模)
・経営戦略・市場戦略の策定や推進に関わっている方
(経営戦略・経営企画、営業戦略・営業企画・営業、マーケティング、財務・購買など)

今回実装した機能 5つの特徴

・全国の法人事業拠点を網羅、日本最大級820万件の法人企業データベース「LBC」を搭載
・LBCは常に最新で正しい情報を保持。市場戦略に基づいたターゲットリストを即座に作成
・CRM/SFAと連携、ターゲットリストの商談フェーズ進捗をプライオリティごとに管理
・優良顧客を教師データに類似性の高いリストをAI生成。計算速度と回数が大幅改善※1
・高度な名寄せノウハウ(超名寄せ※2)を提供。お客様の顧客リストの属性をリッチ化

画像2.png

プランソナーの主な利用シーン

経営企画部門>
 ・資本提携やM&A候補先、事業提携アライアンス候補先の選定や検討、進捗を管理

営業企画部門>
 ・優良顧客と類似のターゲット企業を選定・アプローチ状況をプライオリティごとに管理
 ・ホワイトスペース(未コンタクト企業)をリストアップ

マーケティング部門>
 ・進出すべき市場を分析(市場母数の把握、浸透度、シェア分析)

画像1.png

代表取締役共同社長:長竹克仁からのコメント

当社は、高品質で網羅性の高い企業データやインテントデータを含む行動データを保有し、データドリブン経営の戦略立案から戦術の遂行までお手伝いします。AI機能も充実です。
企業として重要な「新規市場の探索」と「既存市場の深化」、どちらにも活用いただけるサービスです。

※1大幅改善:当社比(Rating2.0)
※2超名寄せ:LBCを「企業辞書」として利用することにより、お客様の企業内で散在する顧客データを高い精度で統合・クレンジング・名寄せする当社の技術を総称し「超名寄せ」と呼んでいます。
ポイントは標準化・一元化・補正・属性付与の4点です。超名寄せにより、お客様のもつ顧客データを企業ターゲティングや集計・分析に利用可能な状態へとメンテナンスすることができます。

お急ぎの方はお電話にて03-5388-7000受付時間 10:00 〜 19:00(土日祝休)

データ活用による営業DXの決定版

サービス資料

5分で分かる ユーソナー

5分で分かるユーソナー

資料ダウンロード